早稲田大学の大学職員求人

大学職員求人TOP >> 求人数が多い大学一覧 >> 早稲田大学の大学職員求人

早稲田大学の大学職員求人

日本の私立大学を代表するような存在の早稲田大学です。偏差値も社会的評価も高く、優秀な卒業生を多数輩出している名門大学とも言えます。

学部生、大学院生として早稲田大学に入るためには大変な競争を勝ち抜かなければいけませんが、大学の事務職員として働く場合、その採用の難易度はどのくらいなのでしょうか? そこで今回は、大学ホームページ情報や『リクルートエージェント』など転職エージェントの情報を参考に、早稲田大学の大学職員求人に関する情報をまとめてみたいと思います。

■新卒で15名と、それなりの規模で職員募集は出ている
まず、押さえておきたいのですが、早稲田大学は規模の大きな大学なので、それなりに職員に対するニーズも高いです。ホームページ上に掲載された情報によると、生徒数は17学部に57,562人とかなりのボリュームがあるので、その分だけ職員を多く配置しないと大学が回っていかないという現状もあります。

実際、2015年度の新卒募集状況を見ても、事務系・技術系のスタッフを合計して15名ほどの募集が出ています。勤務地も、東京、埼玉のキャンパスを中心に、北九州、ニューヨーク、サンフランシスコ、北京、上海、台北、新がボールなど海外などもあります。 日本を代表する大学にふさわしく、グローバルに活動できる人材が求められているので、我こそはと思う人にはやりがいのある仕事だと思います。

■好まれる人材像は?
では、早稲田大学に採用されやすい人材像は、どういった感じの人なのでしょうか? 早稲田大学の職員に中途採用された人のインタビューが大学ホームページに掲載されていますが、その方の言葉によると、

新しい分野に切り込んでいく姿勢がある人

だとされています。早稲田大学は日本を代表する大学で、さらに世界で権威のある大学へと進化発展するべく、さまざまな挑戦を続けています。 その大学のビジョンを共有し、新しい分野へどんどんチャレンジできる人こそ、現状で職員として求められる人材像みたいです。皆さんは、いかがでしょうか?

以上、早稲田大学の職員求人に関する情報でした。当然の話ですが、別に早稲田大学の職員になるために、早稲田大学を出ている必要はありません。慶応義塾大学出身でも明治大学出身でも立命館大学出身でも構いません。

大学職員は全くの異業種から飛び込んでくる中途採用者も多いので、皆さんもまずは情報収集から始めてみてはいかがですか? 情報源として転職エージェントなども非常に使えるので、併せてチェックしてみてください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.