専修大学の大学職員求人

大学職員求人TOP >> 求人数が多い大学一覧 >> 専修大学の大学職員求人

専修大学の大学職員求人

日本大学、東洋大学、駒澤大学と並び、関東の総合私立大学として有名な専修大学です。学生の数は1万9千人以上、大学院生300人以上、卒業生は25万人以上と膨大で、1千人近い職員が大学を運営しています。

その専修大学で職員になろうと思った場合、難易度はどれほどなのでしょうか? 基本的に有名私立大学の職員は人気の職業なので、競争倍率も高くなります。そもそも新卒の求人がメインで、既卒にはなかなかチャンスがないという現状もあります。 そこで今回は、同大学の公式ホームページ情報や一般の転職エージェントの情報などを参考に、専修大学の職員に既卒でもなれるのかどうか、まとめてみたいと思います。

■残念ながら専修大学は既卒に厳しい
専修大学は毎年、新卒に向けて職員を募集しています。冒頭でも記したように巨大な総合私立大学であり、社会的な認知度も影響力も強いので、その大学を回していくためには職員が必要なのです。 ただ、残念ながら採用情報は新卒がメインで、既卒の中途採用組には求人が出ません。他大学の職員がヘッドハンティングされるというケースはごくまれにあるようですが、外部の人間にとってはルートがありません。特別なこだわりがない場合以外は、専修大学以外を目標にした方がいいかもしれません。

■専修大学に特別な思い入れがある場合は
どうしても専修大学でなければいけない、専修大学でなければ大学職員になる理由はないとまで考えている人はどうすればいいのでしょうか? 何が何でも専修大学がいいという場合は、大学の公式ホームページで契約職員の募集が出るまで待ってください。

契約職員は専任職員ではないので期限も決まっていますし、待遇も劣るのですが、専修大学に潜り込むいい機会にはなります。まずは契約職員として大学に潜り込み、雇用期間中に大車輪の活躍をして、大学職員の人事部にアピールすればいいのです。

もちろん確実な方法ではありませんし、この記事を執筆している段階で専修大学から契約職員の募集は出ていませんが、待ち続けていればチャンスはめぐってきます。大学の公式ホームページや一般の転職エージェントなどを利用して求人をチェックし続けてみてください。願い続ければチャンスは訪れるはずです。

以上、専修大学の職員になるための基礎的な情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 残念ながら専修大学は新卒の採用が中心なので、既卒で中途採用には求人が出ないと語りました。それでも契約職員はまれに募集が掛かるので、契約職員として大学に潜り込み、専任の職員への登用を目指してみてください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.