大阪大学の大学職員求人

大学職員求人TOP >> 求人数が多い大学一覧 >> 大阪大学の大学職員求人

大阪大学の大学職員求人

日本で6番目に古い国立大学として、圧倒的な存在感を示す大阪大学です。医学部と理工学部でスタートした大学だけあって、現在でも西高東低と呼ばれる医療の世界で抜群の存在感を発揮していますが、この大阪大学に職員として入ろうと思ったら、難易度はどの程度なのでしょうか?

一般的に大学の職員は人気があり、新卒以外は受け付けない場所も多いですが、大阪大学は既卒でも職員に応募できるのでしょうか? そこで今回は、大阪大学の職員になりたい人に向けて、採用情報をまとめたいと思います。

■チャンスはたくさんある
大阪大学の採用試験は現在、2通りの道があります。大阪大学が独自に採用する職員のために行う試験と、近畿地方の元国立大学を広域で運営管理する組織によって行われる国立大学法人等職員採用試験の2つです。

どちらの採用試験からアプローチしても構いません。私立大学などと比べて職員採用試験が2通りあるので、チャンスは単純に考えて2倍あるといえるかもしれません。 また、中途採用組に朗報ですが、大阪大学は既卒でも新卒と同じ土俵に立って採用試験に挑戦できるようになっています。年齢制限も30歳と高めに設定してあるので、多くの人にチャンスがあるのです。

■求人情報の探し方は?
大阪大学の職員になるための募集要項は、どこでチェックすればいいのでしょうか? 基本的には大学の公式ホームページから、大学職員採用サイトを探してアクセスしてみてください。 一方で、近畿地区の国立大学法人等職員採用試験を受験する場合は、国立大学法人等職員採用試験を主催している組織のホームページをチェックしてください。

どちらも簡単な採用試験ではなく、集まってくる人材も優秀な人が多いので、採用されるかどうかは断定できません。ただ、一部の私立大学のように新卒の人材しか募集していない学校法人と比べれば、チャンスはあります。関西を代表する『阪大』にチャレンジしてみてください。

以上、大阪大学の職員に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 採用試験は2通りあり、大学独自の試験と国立大学法人等職員採用試験の2つがあると語りました。どちらも30歳という年齢制限をクリアしていれば応募可能だともいいました。

20代後半で大学の職員になりたいと思った人にはチャンスです。大阪大学にチャレンジしてみてください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.