激務でない大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 激務でない大学職員の求人

激務でない大学職員の求人

激務でない大学職員の求人を見分けて、求人探しをしていきたいと考えている方も多いでしょう。求人選びに失敗してしまうと、不満やストレスなどの影響から長く勤めることが出来なくなってしまいます。そのため、求人選びからしっかりと吟味することが必要になります。そこで、激務でない大学職員の求人の見分け方についていくつか挙げていきましょう。

激務でない大学職員の求人見分け方その1は「頻繁に求人を出しているかどうか」です。頻繁に求人を掲載している場所は、職員がなんらかの理由で不足しているといった捉え方が出来ます。例えば、職場の雰囲気が悪い、業務が忙しいなどが理由として挙げられます。そのため、頻繁に求人を掲載していないかどうかをチェックすることで激務な大学職員の求人を避けることが出来ます。

その2は「年間休日日数を見る」ことです。大学職員は一般的な企業と比べて、休日がとりやすい傾向にありますが、休日出勤がないということではありません。激務な仕事である条件として、休みが取りにくいといったことも挙げられます。その際には、求人票の年間休日日数をチェックしましょう。年間休日日数をチェックすることで、どの程度の休日が年間にあるのかを把握することが出来ます。

その3は「明らかに給料が高い」ことです。学校の体制によって給料は若干異なりますが、その中でも明らかに給料が高い求人は激務である可能性が高いといえます。給料が高いということには、必ずなにか理由があるので求人票の詳細を十分チェックするようにしましょう。

その4は「女性職員が少ない」ことです。女性職員が少ないということは、職場の雰囲気や業務体系が影響している場合があります。一方、女性職員が多いと育児や結婚に対して理解があり、休日等も取りやすく、比較的業務が安定している傾向にあります。求人で判断できない場合は、各学校のホームページを見て、職員の情報を把握するようにしましょう。

大学職員は教育現場では欠かせない重要な立場となります。教員との連携や学生たちの相談役など様々な業務をこなさなければいけません。しかし、一般的な企業と比べると比較的勤務しやすく女性からも人気がある職業となります。そのため、倍率が高く就職する際にライバルが多い傾向があります。ライバルに差をつけるポイントはやはり「面接」です。大学職員は高いコミュニケーション能力が求められる職業なので、積極的に逆質問などをして面接官に印象を与えるようにしましょう。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.