転勤がない大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 転勤がない大学職員の求人

転勤がない大学職員の求人

大学職員を目指している方で、出来れば転勤のない場所で働きたいという方も多いことでしょう。働く場所が変わってしまうと、また一から慣れていく必要があるため転勤がない求人が近年選ばれる傾向があります。一般的に学校などの教育現場では転勤が少ないのではと、考えられてしまいがちですが、学校といえど一般的な企業のように転勤はもちろんあります。転勤は学校の規模によっても異なりますが、他のキャンパスを持っていたり、附属の学校であると転勤が比較的多い傾向にあるといえます。しかし、学校等は一般企業などのように遠方に支店などがあるわけではないので様々な地域に転勤することはほとんどなく、遠方への転勤のケースは少ない傾向にあります。

求人票で転勤がない大学職員の求人を探すのは難しく、求人票のみで判断するのは困難な状況にあります。しかし、転勤についての情報を面接の際に面接官に質問することが可能です。転勤をする範囲や頻度などについて訪ねておくと、対応しやすいのでオススメです。それでも転勤をしたくないという場合には、希望を伝え転勤を避けるようにしていきましょう。転勤や異動を与えられるケースは諸事情にもよりますが、ごく稀なことです。転勤をしたくないという希望を出したことが低評価につながる場合はありませんので、安心してください。

転勤の比較的少ない場所としては、小規模な大学校や私立大学が挙げられます。しかし、小規模な大学校では部署移動が頻繁にあるケースがあるので注意しましょう。移動のペースは約3年に一度ほどとなっています。しかし、部署移動が多いということはそれだけ経験出来る業務が多く、場合によっては早く出世する可能性を秘めています。早くから様々な業務の経験を積むことで、大学職員の仕事に慣れることが可能です。

出来れば転勤がない職場に就きたいという方も多いかもしれませんが、転勤は様々な経験を積むチャンスとなります。今までの職場では経験出来なかったことや他の職員との出会いなどによって、キャリアアップを図ることが出来ます。出世したい・少しでも早く業務に慣れたいという方は大規模な多数のキャンパスを保持している学校を選ぶのが良いでしょう。一方、家庭の事情から転勤が出来ないなどという方は、小規模大学校や私立大学への就職をオススメします。就職の際に、自分自身の希望を伝えておけば転勤を命じられることはありません。家庭と仕事との両立が可能です。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.