中途採用の大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 中途採用の大学職員の求人

中途採用の大学職員の求人

日本の企業は大きな会社になると、新卒を一括で大量に採用して、時間を掛けて育てる方法を取っています。くせのある人材よりも新卒の人間の方が会社色に染めやすいという理由からですが、大学職員の場合も同じなのでしょうか? 今回は中途採用の大学職員がどれほど多いのかを考えてみたいと思います。

■大学職員に関していえば、中途採用は多い
大学職員は中途採用で入った人もかなり多いです。実際、中途採用の求人も続々と出ているので、新卒でないからチャンスが無いというような事態は考えられません。

日本私立学校振興・共済事業団の資料によると、大学職員の年齢層は30代半ばが最も多いです。逆に新卒の人材は少なく20代の半ばも少ないです。何らかの仕事を他の業界でした後に、大学職員に転職をしてきた世代がかなり居ると見て取れます。

■即戦力や有能な人材が求められる
大学職員の新規採用人数は、増加傾向にあります。これから大学職員になろうと考えている人からすればチャンスは増しています。ただ、ニーズが増えている一方で、大学職員になりたいと思っている人の数も増えています。

有名私立大学になると、求人に対して倍率が100倍を超えているケースが普通に見られます。当然、既卒の社会人経験者に対しては、それなりにの実績も求められます。すぐに競争力のある大学作りに参加できる力強い人材が求められているのです。

そう考えると、将来的に大学職員に転職を考えている人は、今まさにやっている仕事で何らかの結果を残し、その結果を売り込めるくらいまで自分自身の魅力を高めておかないといけません。数名の募集に何百人と優秀な人材が集まります。生半可な準備では太刀打ちができません。

■面接対策も綿密に行なっておく
大学職員の採用試験は、筆記試験、1次面接、2次面接、最終面接と何ステップにも分かれています。筆記試験後には面接を行うので、面接の対策もしっかりとしておかなければなりません。

仮想の面接試験など、本番を想定した実践的な訓練も必要になってきます。面接の練習に付き合ってくれるパートナーが身の回りに見当たらないのならば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」のような転職支援サービスを上手に使って、面接練習をしなければいけません。 自分のキャリアを上手に見せる工夫をしながら、筆記試験や面接の対策も完璧に行ってください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.