英語力が活きる大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 英語力が活きる大学職員の求人

英語力が活きる大学職員の求人

一般企業では英語力のある人材が優遇されています。どの業種も国際化の波にさらされているので、英語力が競争に勝つために必須のツールになってきているからです。 そのトレンドは大学の場合も一緒なのでしょうか? 例えばTOEICで高いスコアを持っている人材は、大学の職員募集に応募する際、優遇されるのでしょうか? 今回は英語力が生かせる大学職員の求人について考えてみたいと思います。

■英語力の生かせる大学ばかり
これからの時代、大学も国際間競争にさらされます。特に一流大学になると、世界からの優秀な学生をいかに獲得し、どれだけ世界に貢献できるかを競わなければいけません。 大学教授や准教授は当然ですが、一般の大学職員にも高い英語力は求められます。実際にそのような語学力を兼ね備える人材が、現場では採用され始めています。日本国内だけでは生徒が集まらない大学も多いので、

・生徒を世界中から集めてこなければならない
・世界に自分たちの大学をPRしなければならない

といったミッションも大学職員は抱えています。国際的な感覚を備え、外国語を自由に扱って国境を軽く飛び超えるような仕事ぶりを職員も期待されています。 特定非営利活動法人の大学職員サポートセンターが作成した、「大学職員希望者のための就活セミナー」のための資料によると、今からの大学職員には、

・国際化、情報化に向けて必要な知識と技術の習得

が求められるとも確かに記されています。「国際化に向けて必要な知識と技術」という言葉には間違いなく語学力も含まれます。語学力に自信があり、TOEICでも高得点を持っているのならば、大学職員の採用試験で武器になります。積極的にアピールしてください。

■語学に自信のある方は、自分を上手にパッケージしよう
語学に自信があり、TOEICの点を過去よりも伸ばせそうなら転職活動の前にテストを受け直しておいた方がいいです。今まで英語力を示す試験を受けた経験が無い場合は、事前に受けた方がもちろんいいです。

大学職員の採用試験は、有名私立大学になると倍率が100倍を超えるケースが普通にあります。アピールできるポイントは全部アピールするくらいのつもりで対策を整えて本番に挑まないと、簡単に弾き飛ばされてしまいます。

英語力を含めた人材の魅力度をどのようにアピールするべきか迷ってしまう場合は、「リクルートエージェント」や「DODA」、「マイナビエージェント」などの転職支援サービスを活用してみるといいかもしれません。 その手のサービスに登録すると、求人紹介だけでなく履歴書作成や面接の練習までサポートしてくれます。上手な自分の売り込み方のヒントを教えてもらえます。もちろん登録も利用も完全に無料です。 利用を検討してみてください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.