休日がとりやすい大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 休日がとりやすい大学職員の求人

休日がとりやすい大学職員の求人

大学職員の仕事は、カレンダー通りの休日であると勘違いされている方も多いでしょう。しかし、中には不規則な勤務体系で祝日でも休みが取れないという職場もあります。出来れば休日のとりやすい方が長く働いていくことを考えると安心が出来ます。そこで、休日がとりやすい大学職員の求人の見極め方についていくつか挙げていきましょう。

休日がとりやすい大学職員の求人の見極め方その1は「休日、休暇の欄を確認する」ことです。求人票の休日・休暇の欄には、年間休日日数が記載されているのをご存知でしょうか。この年間休日日数を見ることによって、年間にどの程度の休みがあるかどうかが把握出来ます。カレンダー通りの休みであればおおよそ120日ほどとなりますので、この数字を基準に計算していくと休日がどの程度あるのかを見極めることが可能です。

その2は「有給休暇があるかどうか」です。有給休暇を利用出来れば、家庭や子供などの事情で仕事を休む際でも気がねなく休むことが出来ますし、給料が発生するため無駄なく休みをとることが出来ます。

その3は「女性職員が多い」ことです。女性は、結婚をして子供が出来るとやむを得ず仕事を休まなくてはいけない時が必ず出てきます。男性よりも女性職員が多いということは、家庭との両立がしやすく配慮されているという判断をすることが出来ます。

以上の3つのことを挙げていきましたが、あくまで求人票の情報ですので実際に働いてみると前後する場合があります。そのことには注意が必要です。確実に休日がとりやすい職場であるかどうかを把握するためのポイントはやはり「面接」です。面接の際には土日・祝日の出勤についてや有給休暇の消化率についてある程度質問してみると良いでしょう。

面接の中で気になっていることを質問して不安を解消しておかないと、後々トラブルになる恐れがあるので気をつけましょう。中には、求人とは全く違う休日体制だったという職場も珍しくありません。しかし、いざ就職をしてからでは対処出来なくなってしまいます。面接の際に事前に質問することを心がけてください。

大学職員は、一般的な企業と比べ比較的休日がとりやすい職業でもあります。夏休みや春休み、冬休みなども優遇されていて、家庭との両立がしやすい職業として女性からも人気の職業となっています。カレンダー通りの休みが欲しい・家庭との両立をしたいという方は是非大学職員を目指してはいかがでしょうか。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2019 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.