秋採用の大学職員の求人

大学職員求人TOP >> 条件別の大学職員の求人探し >> 秋採用の大学職員の求人

秋採用の大学職員の求人

大学職員は春と秋の2つの時期に始業が可能です。新卒の人材は3月まで学校があるので自然と春採用になるのですが、人によっては秋採用も可能です。そこで今回は、秋採用の採用スケジュールとともに、どのような人材が秋採用になるのか考えてみたいと思います。

■秋採用は既卒組
秋採用は既卒組が主に適用されます。春採用であろうと秋採用であろうと、4月に選考が始まり最終面接が6月に行われるスケジュールは一緒なのですが、6月末に内定が出た時点で他に仕事をしていない無職の人は、最短で7月1日から始業が可能です。

ただ、既卒の場合、働きながら転職活動をする人がメインなので、採用が決定した後は現職を辞めるための引き継ぎの時間が必要になります。6月末に内定が出た時点から考えて、通常は3カ月から6カ月、引き継ぎに時間が掛かります。結果として始業が9月から10月1日になる人が多いです。 ちょうど大学も9月から10月の間に後期が始まるので、区切りのいいタイミングで秋採用が行なわれます。もちろんその年いっぱいは現職で働いて、翌年の春4月1日に入職する社会人も居ます。

■大学職員の採用スケジュール
以下に実際の採用スケジュールを紹介したいと思います。ほとんどの大学が同じようなスケジュールで新人を募集するので、参考にしてください。以下は東京にある立教大学の例です。

書類選考:4月15日に結果通知
説明会および筆記試験・適性検査:4月21日
1次面接:5月15日〜5月24日
適性検査・2次面接:6月8日・9日
最終面接:6月22日

正確にいえば、この日程は4月1日採用の試験日程になりますが、他の大学の中途採用組であっても似たような日程で試験が行なわれるので参考にしてください。6月の末に内定が出るので、中途採用組で無職の場合は最短で7月1日から始業が可能です。 私立大学だけでなく国立大学法人の場合も似たような採用スケジュールを組んでいます。以下は東海・北陸地区の国立大学法人等職員採用試験になります。

受験申し込み:4月1日〜4月15日
第1次試験:5月19日
第2次試験:6月19日
内定通知:6月19日以降

新卒も既卒も現役の社会人も同じ試験を同じ日に受けて、同じ日に内定を受ける形になります。6月末の時点で無職であれば最短で7月1日の始業が可能です。内定が出た時点で他の仕事をしている人は、退職が完了したら順次始業になります。通常は10月など秋の採用になります。 以上のように4月1日始業でない場合、内定の出た段階でどのような就業状況にあるかで、その後のスケジュールが大きく変わります。中途採用で大学職員を狙う場合は、その辺りのスケジュールも計算に入れて行動してください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.