大学職員の履歴書の書き方

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員の履歴書の書き方

大学職員の履歴書の書き方

大学の職員採用試験では、履歴書の提出が絶対に求められます。履歴書を作成するに当たり、多くの方が志望動機に悩むと思いますがいかがでしょうか? そこで今回は、大学の職員採用に応募しようと考えている人に向けて、上手な志望動機のまとめ方を考えたいと思います。

■「学生が好き」「母校に貢献したい」などのレベルでは駄目
大学の職員に応募する人は、何らかの形で学生や大学に対して特別な感情を持っていると思います。学生の人生を応援したいだとか、母校に何らかの形で恩返しをしたいだとか、いろいろな気持ちがあると思います。

もちろんそういった気持ちは大切なのですが、職員採用試験で提出する志望動機としては物足りません。大学の職員になりたいと思う人はほとんど全員が学生や大学に対して、何らかの思いを持っているからです。採用担当者からすれば、思い入れの部分で候補者を絞り込むなど困難です。

■大学が生き残るための力強い人材であると具体的にアピールする
ご存じの通り、全入時代になって倒産する私立大学も出てきました。これから大学は生き残りをかけて、少ない学生を奪い合わなければいけません。職員には学生や大学に対する思い入れ以上に、実務家としての能力が必要になってきます。

受験者数を伸ばし、知名度を高め、社会的評価も上げ、優秀な卒業生をたくさん輩出する必要もあります。教育者ではなく実務家としてスキルが求められているので、履歴書に書く志望動機にも、「自分のスキルを大学の経営に役立てたい」という点を盛り込まなければいけません。

PRの業界で働いていた前職を持つ場合は、実績を示した上で大学の知名度アップに貢献したいと訴えなければいけません。財務会計の専門性を持っているのならば、自分の能力をバランスシートの改善に役立たせたいと志望動機で具体的に語らなければいけません。

■大学が求めている人材ニーズも探る必要がある
求められていない能力を押し売りしても、採用担当者に「うるさい」と思われるだけです。大学側がどのようなニーズで人材募集を行い、どのような能力を持った人間を欲しているのか、事前に調査をする必要もあります。 自分でそのニーズを探り取れないのならば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」など民間企業が運営する転職支援サービスなどを利用して調べてみてもいいかもしれません。

上述のサービスは、求人情報掲載の依頼が来たときに、大学側のニーズをいろいろと調べています。転職支援サービスに登録をすれば、担当者からその詳しい情報を教えてもらえます。 大学側のニーズを知った上で、そのニーズに自分のスキルをフィットさせていく、その視点を志望動機の作成では忘れないでください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.