大学職員の志望動機

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員の志望動機

大学職員の志望動機

大学の職員になろうと考える人が、近年増えています。自分の母校で働きたいという人も居ますし、給料が魅力的という人も居ます。教授や准教授など指導者にはなれないけれど、自分なりの専門を大学で生かしたいという人も居ます。もっとシンプルに教育現場で仕事をしたいという人も居ます。 そう考えると大学の職員求人に応募しようと思ったとき、志望動機をあらゆる角度から書けるので、逆に困ってしまうと思います。大学職員になりたい人にお勧めの志望動機は、一体何なのでしょうか?

■学生が好き」は実はNG
大学の職員になろうと思って求人に応募する際、履歴書などの志望動機に「学生が好き」だとか、「学生の面倒をみたい」などの動機を書く人が居ます。大学は教育の現場です。大学の職員を目指すほどの人なら、学生に対して何らかの特別な思いを抱いていると思います。 しかし、その手の志望動機は採用担当者に響きません。多くの人材が似たような志望動機を書くからです。学生の直接的な教育は教授や准教授、講師が行ないます。大学の一般職員は今、大学の売上を伸ばすような実務家としての能力が求められているのです。

■どの大学も生き残りに必死
日本全体で考えると人口が減少傾向にあります。そのため大学は自分の学校を守るために生徒集めで必死になっています。一部には自身のブランドや知名度にあぐらをかいて、のんびりと構えている大学もあるようですが、現在私立大学のほとんどは生き残るために努力をしています。 一流デザイナーに大学のロゴやブランドデザインを依頼して、イメージ戦略を大胆に打ち出している大学もあります。国際化を全面に押し出して海外提携を急いでいる大学もあります。 まさに大学の側はそういった大学の売上、知名度、生徒数、社会的評価アップのために実務をこなせる人間を求めています。経営者意識を持ち、大学の生き残りで戦い抜けるだけの人材を求めているのです。

■「経営、効率化、コスト意識を持った専門家」を求む
日本私立学校振興・共済事業団が理想として掲げる、大学職員に求められる資質として、 「減量経営、効率化、コスト意識を持った経営の専門家」 「教育研究を発展させる豊かな想像力と企画力、さらに計画を実現させる実行力」(cf. 『大学職員希望者のための週活セミナー』資料) が挙げられています。単に「学生が好き」というレベルではなく、その好きな学生のために大学を営利組織と見立てて、どう動かしていくのか、実務家としてのビジョンや行動力が求められているのです。

求人に応募する際、志望動機には実務家としての野望、経営者としての意識を盛り込む必要があります。自分一人では満足のいく志望動機を作れないという場合は、「リクルートエージェント」や「DODA」など転職支援サービスを利用して、担当者と二人三脚でブラッシュアップしていってもいいかもしれません。 大学職員は近年、有名私立大学になると求人倍率が100倍を超えるので、じっくりと対策を練って挑んでください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.