大学職員の面接のコツ

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員の面接のコツ

大学職員の面接のコツ

大学の一般職員になろうとする場合、1次面接、2次面接、最終面接と何回かの面接を受けなければいけません。1回の面接ではなく複数回の面接で応募者は絞り込まれていくので、付け焼刃の対策は役に立ちません。 そこで今回は、大学の総務など一般職員になりたい人にむけて面接のポイントを語りたいと思います。

■自分の強みと大学のニーズをしっかりと理解する
大学は教育者として職員を求めているわけではありません。営利組織として今後の日本、世界で利益を伸ばし、存在感を発揮して知名度を高め、社会貢献をするための有能な実務スタッフを求めているのです。 教授や准教授など学問を教える教員ではなく、ビジネスマインドを持った実務家を求めているのです。大学の職員面接の際にもその辺りを十分に意識しなければいけません。特に、

・自分の強みは何なのか? 今までの実績は何なのか?
・大学の歴史と文化、校風の中で、自分が今後どのような点に貢献できるのか


この2点は明確にアピールできなければいけません。自分の強みばかりを強調しても、そのニーズが大学に無ければ意味がありません。逆に大学からニーズがあっても、その能力と実績を自分が持っていなければ採用されるわけがありません。

大学職員の求人倍率はかなり高いです。それなりの人材が集まってきます。対策は十分に練らなければいけません。

■対策はプロのキャリアコンサルタントと練り上げる
大学職員の面接試験は、1人だけで対策を練らない方がいいです。100倍近くの求人倍率が予想されるので、プロのキャリアコンサルタントと一緒に大学を研究し、今まで採用された人間の特徴を調べて、自分の能力がどのように大学に生かせるのかを考えなければいけません。

もちろんその作業を1人でやってもいいのですが、限界があります。独りよがりな対策になってしまう恐れもあります。プロのキャリアコンサルタントを味方に付けた方が心強いです。身の回りにキャリアコンサルタントが居ないという方でも、「リクルートエージェント」や「DODA」のような転職支援サービスに登録をすれば、誰でも無料で担当者に相談にのってもらえます。

基礎的な情報ですが、転職支援サービスとは民間企業が運営するハローワークのようなサービスです。複数社が運営しているので選択肢が幾つかありますが、どれも無料なので何社かに一気に登録をして、いろいろな角度から担当者に助言をもらってもいいかもしれません。 ただ、当該の転職支援サービスに大学からの職員募集が出ていなければ、熱心に相談に乗ってもらえない可能性もあります。できる限り複数の転職支援サービスに登録し、大学職員の求人をかき集めてみてください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.