大学職員になるデメリット

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員になるデメリット

大学職員になるデメリット

大学職員は教育現場においてなくてはならない存在で、とてもやりがいのある職種のひとつです。そんな大学職員を目指している方も多いことでしょう。しかし、実際に働いて「こんなはずではなかった」と感じる前に大学職員になるメリットだけではなく、デメリットも知っておく必要があります。そこで、今回は大学職員になるデメリット(苦労)についていくつか挙げていきましょう。

大学職員になるデメリット(苦労)その1は「学生・研究者の要望への対応」です。大学職員は、学生からの相談を受けたり、要望に応えることも大切な業務のひとつです。研修や留学、時には部活動の予算や学園祭の予算についても難しい要望を出されることも出てきます。また、研究者からは研究設備の購入やスペースの拡大など様々な要望を出されることがあります。大学職員はこういった要望へも正面から向き合わなければいけない立場にあります。学校側と学生・研究者の両方が納得のいくような解決策を考えなくてはいけません。

その2は「保護者への対応」です。特に、社会問題の一つとなっているモンスターペアレントは大学にも存在するため気をつけなければいけません。理不尽な要求に対してもしっかりと対応しなければいけません。大学の場合は責任が分担されているため、一人が責任を負わされることはほとんどありませんが、時には説明責任を負わされるケースも少なくはないようです。

その3は「学生獲得のための考案を求められる」ことです。近年、少子化の影響から学生の数は年々減りつつあります。しかし、その中でも学生を獲得していかなければ大学の経営も成り立ちません。そのことから、学生獲得のための考案を考える必要があります。例えば、オープンキャンパスへ訪れる学生の宿泊費を負担したり、オリジナルグッズをプレゼントしたりといったサービスも実際に行っている場所があります。どのようなことをしたら入学者が増えるかを考えて、学生獲得のため行動していかなければなりません。

以上、大学職員になるデメリット(苦労)についていくつか挙げていきました。イメージとは違い、教育現場ならではの苦労があることが把握出来たのではないでしょうか。しかし、大学職員として働くことはデメリットだけではありません。社会へ役立つ研究に携わることが出来たり、学生たちの学問や活動についてのサポートを行ったりとやりがいのある職種となります。自分がサポートした学生たちの「ありがとうございます」などの感謝の言葉は、なによりも嬉しく仕事への意欲が湧いてきます。そんな素敵な大学職員を目指してみてはいかがでしょうか。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2018 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.