大学職員のキャリアパス

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員のキャリアパス

大学職員のキャリアパス

大学職員としてのキャリアパスとは一体どのようなことをいうのでしょうか。まずはじめにキャリアパスとは、企業や学校の中でどんな職務に就くか、なにを担当するか、それに対してどのような経験を積んでどのようなスキルを身に付けるかといった道筋のことを指します。大学職員は様々な業務の種類があり、それをこなしていかなければなりません。しかし、経験・スキルがないと行う業務に対して支障が少なからず出てきます。大学職員が行う業務を部門ごとに分けて、大学職員のキャリアパスについて挙げていきましょう。

まず一つ目の部門は「経営部門」です。これは財務や人事、企画や事業などを指します。消耗品や備品、資産等の契約や役務契約などの契約はもちろん、校内の物品の故障や修理時の対応も行わなければなりません。また、企画業務においてはパンフレットの作成やホームページ等の更新、イベントの企画などの業務も行わなければなりません。同じ大学職員の業務ではありますが、経験・スキルがないと苦労するものが多いのが現状です。

二つ目は「教学部門」です。これは教育、社会連携、研究、生涯学習等を指します。各種申請の窓口であったり、学生からの相談を受けることや学生や研究者の予算等の要望に対して対応なども含まれています。そのため、学校側と学生・研究者との双方が納得のいく案を提案したりといった対応が求められます。さらに保護者への対応なども行わなければいけない場合が出てきます。大学は責任が担当によって異なるため、負担は少なくなっていますが、俊敏な判断力と高いコミュニケーション能力が必要です。

そのほかにも行政管理の業務等も含まれているため、大学職員は経験を積まなければいけないことが沢山あります。各大学によって異動等は異なりますが、若いうちから複数の部門を経験出来るようにしている傾向があります。業務の中には専門性が高く、ある程度の知識・技術がないと行えない内容も出てきます。しかし、だからこそやりがいがあり、素晴らしい職種なのではないでしょうか。大学職員としての経験は次の仕事にも繋がる専門性が高い業務ですし、もしもの転職の際でも有利に立つことが出来ます。辛い時もあるかも知れませんが、その分仕事を達成した時の喜びや学生たちからの感謝の言葉はなにものにも変えられません。教育現場をより良くしたい・教育現場で働きたいという方は、教育現場を影で支える大学職員を目指してみてはいかがでしょうか。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.