大学職員の採用基準

大学職員求人TOP >> 大学職員の求人探しの基礎 >> 大学職員の採用基準

大学職員の採用基準

近年、大学職員の人気が高まっています。有名私立大学になると職員募集の求人に対して倍率が100倍を超えるケースも普通になってきています。そこで今回は、大学職員の採用試験で担当者が重視する採用基準を考えたいと思います。今後大学職員を目指している方は、参考にしてください。

■戦える人材かどうか?
大学の職員は比較的のんびりとした雰囲気の中で働いている現状もありますが、今後は状況が変わっていくと業界関係者の間で考えられています。 大学はこれから日本国内の大学同士で競争をしていかなければなりません。諸外国の大学とも競争し、アジアを中心とした各国の優秀な人材をどんどん自分の大学に迎え入れなければいけません。

今後の大学職員は、そうした競争の中で戦っていける能力とメンタルが求められます。当然、新規職員を採用する際には、採用担当者は戦える人材であるかどうかをチェックします。 性格的に戦闘的である必要は全くありません。ただ、戦力として計算できる具体的なスキルとメンタルは絶対に持っていなければいけません。

■業界関係者の見解は?
全国の大学職員をサポートする特別非営利活動法人、大学職員サポートセンターが作成する「大学職員希望者のための就活セミナー資料」をチェックすると、今後大学職員に求められる能力や資質として、

・理解力
・判断力
・想像力
・企画力
・実行力
・国際的な社会への適応力
・情報化社会への適応力
・財務・会計力
・高度な人格
・向上心
・課題発見能力

などが求められています。大学職員を「超総合職」と形容した専門家も居るほど、広範囲の能力が求められます。人事も経理も入試も学生指導も何でもこなせる人材が求められているのです。

■準備は今すぐ始めないと間に合わない
大学職員は離職率も高くないので、毎年の新卒枠数名と定員に空きが出たときに募集が掛かるというケースが多いです。中途採用で狙う以上は「リクルートエージェント」や「DODA」など民間の転職支援サービスに登録して、最低でも求人情報の継続したチェックは不可欠です。

また、情報収集の体制を作るとともに、魅力的な人材になれるように自分を高め続ける必要もあります。冒頭でも書きましたが倍率は有名私立大学になると100倍を超えてきます。しっかりと対策を立ててください。

大学職員の求人の転職が見つかる人気サイト比較!

  サービス名 利用料金 大学職員の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細

TOP

大学職員の求人探しの基礎

条件別の大学職員の求人探し

求人数が多い大学一覧


Copyright (C) 2014 - 2017 大学職員求人ランキング All Rights Reserved.